--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.30

第324夜 其の2

そういう記述がある事は知っていましたが・・・。

マクロで同じ行にターゲットを複数書く記述があるのは知ってましたが、なんでそんな事をするのか疑問でした。
・・・が、それほど興味もなかったので放置していたのですが、先日空で聞く機会があったので聞いてみました。

/ja センチネル

という記述の場合、ターゲットがどこにあってもとして発動するそうです。
何が便利かというと例えば

/recast センチネル
/ja センチネル

こういうマクロではそのまま発動してしまう可能性があります。

/recast センチネル
/ja センチネル

こういうマクロでは、実行する時に誰かから魔法とか掛けられると失敗します。
要するに途中で止める事が出来て かつ 他にターゲットが移っても実行できるというのが便利です。

空蝉とかは不発は死に直結するのでにしてましたが、この方法を教えてもらったので早速書き換えました。
ナイトの時も自己ケアルしようとすると、他の人にケアルを貰ってて、そのままその人にケアルしちゃう事が結構多いです。

ボス戦とかそういうのは特に。
根こそぎ持ってかれるのでケアルを急ぐと・・・;

ただこれは にしちゃうと他人にケアルできなくなるので、なんともならないですが・・・。
マクロを分けてもいいんですが、流石にそこまでしてのメリットは見つけられませんでした。

自分指定のアビとかは、この指定は便利だと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://hexagram.blog41.fc2.com/tb.php/338-a3964dc8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。